みんなの暮らしと工夫

知っトクカフェノートには、潰瘍性大腸炎、クローン病患者さんの暮らしと工夫が綴られています。定期的に書き込まれますのでチェックしてみてください!

食事のこと
トイレは?
趣味について
次へ

*UC=潰瘍性大腸炎 CD=クローン病

今日は天気が良かったので、お散歩がてら、立ち寄りました。
ちょうどお腹も空いてきたし、ランチにしようかな。
ここのメニューはマスター考案の「おいしくてお腹にやさしい」ものばかり! 気にせずに好きなものを食べられるって幸せだわぁ~。
私がいつも頼んでいるのが、ふわとろデミオムライス! 絶妙な仕上がりのオムレツにコクのあるデミグラスソースが絡んで、低脂肪とは思えないおいしさと満足感です。家でも作りたいな~! ところで、みなさんは普段の食生活でどんなことを気を付けていますか??

ようこ (CD)

こんにちは! 5年前に潰瘍性大腸炎になりました。
発症してすぐは、これは食べられるかな~これは、やめておこう、おそるおそる食事をしていましたね。今日これを少し食べてみて、大丈夫だったから、明日はもう少し食べてみよう、とかこれは少し食べただけでもお腹にくるな・・・とか。今は、体に合わないものは、だいたい把握できていますね。
色んな経験をして感じたのは、「何を食べるか」は大切だけれど、「どのくらい食べるか」というのも同じくらい大切ってことです。やっぱり大丈夫なものでも、調子に乗って食べすぎないように心がけています。

ケンジ (UC)

なんだか耳が痛い話ですね(笑)。
確かに、僕も普段は、あまり神経質になりすぎないくらいが良いかなと思っています。でもやっぱりおいしいものって脂肪が多いですよね・・・
特に、誘われて居酒屋なんか行くと、僕はから揚げが大好物なんで、やっぱり食べちゃダメだと思うとストレスが溜まるし、そんな時は、1つか2つにしておこうとかね。あ、もちろんアルコールも適量! とは思ってるけど、たまに羽目を外して後悔したり・・・

なおき (CD)

たしかにお酒はなかなかやめられないよなぁ~。
昔からの友人とは、月1回飲みに行くのが恒例になっているんだけど、やっぱりお酒の席は盛り上がるし、楽しいんだよね!
俺は、もっぱら日本酒の熱燗をチビチビ飲んでる。体も冷えないね。酒の肴は刺身のことが多いかな~! 辛いものは全般的にダメだけどわさびはなぜか平気だから、季節の魚に、わさびを少し。
なんだか一杯やりたくなってきちゃったよ。

ケンジ (UC)

私も、同じく普段は辛いものを避けるようにしています。だけどマスタードは平気なんです。
この間は、友達と家具を見に行って、そこに併設されているレストランでホットドッグを食べました。ケチャップとマスタードとピクルスの量が自分で調整できるので、かけちゃいましたよ~! もちろん、友達のように、マスタードを山のようにかけたりはしませんでしたけどね! でも潰瘍性大腸炎の知人は、マスタードもダメみたいです。
やっぱり個人個人で違うんですね。

ヒトミ (UC)

私は辛いものには結構敏感かも。
特にカレーは脂質も高いし、香辛料もたっぷりだから、甘口でも食べられないです。
昔、林間学校に行ったとき、クラスのみんなでカレーを作ったんですけど、私は調理だけ参加して、実際に食べるのは、先生に用意してもらった煮込みうどんで。ほんとはみんなと作ったカレー食べたかったなぁ。
今は、居酒屋に行ったときなんかは、先に食べた友達が「これは辛いよ!」って教えてくれます。辛そうじゃないのに実は辛いってものが結構あるんですよね~。
なんだか、私より友達の方が色々気にしてくれてて。いい友達です。

あや (UC)

僕は、外食する時はうどん屋に行くことが多いかな!
食べたあとも腹痛の心配がないし、値段も安いんで。でもお腹が空いてるときはついつい大盛りにしちゃったりするんだよね~。どんな食材でも食べすぎはダメだよね!

たかし (CD)

確かに食べすぎると、その時は大丈夫でも、時間差で後から腹痛が起こることもありますもんね。
私は、今学生なんですが、友人達と食事に行くときは、自分でメニューが選べるファミレスとかバイキングが多いですね~。友人もヘルシー志向なので助かってます。

ヒトミ (UC)

僕は、甘いものが大好きなんだけど、病気になってからは、チョコレートは食べると調子が悪くなっちゃうから食べなくなったなぁ。どの食べ物が合うとか合わないというのは個人個人で違うよね。
今は、甘いものといえば果物かな。ビタミンも豊富だからその方が体にもいいしね。
あとは、炭酸飲料はお腹が張る気がするから避けていて、コーヒーはうすめか、カフェインレスのものをチョイスしているよ。
ここのカフェのコーヒーはちょうどいいなぁ~

ケンジ (UC)

私は、この間スイーツバイキングに誘われて、そのときは、前日の食事を減らしていきました。あとは、やっぱりケーキとか、マドレーヌよりもフルーツポンチやお団子を選ぶようにしました。
病気になってすぐは、きっとこのお誘いも断っていただろうけど、でもやっぱり、心配し過ぎて、仲間との楽しい食事の時間を失うのは嫌なんです。

あや (UC)

絶対に食べちゃダメだ・・・って思うと、辛いですよね。
私は、お菓子は、小分けにしてあるものを買うようにしてます! 4連のポテトチップスとか。脂質を計算しやすいし、食べすぎ防止になっていいですよ~! 病気に関わらず、ダイエットしたい人にもおすすめかも。

ようこ (CD)

甘いものって脂質が高いものも多いし、食べすぎたらだめなんだろうな~ってわかってはいるけど、やっぱりたまには食べちゃうよね!
私なんか、この間、友達と行列のできるパンケーキ屋さんに行ってきたんだけど、並んだ分だけ元を取らなきゃと思って、大盛りのホイップクリームがのったパンケーキを注文しちゃった! 完全に脂質も、カロリーもオーバーだけど、そんな時は、夕食の量と質を調整して、一日の中でバランスが取れればいいかなって。だってどうしても食べたかったんだもん。

ヒトミ (UC)

みんないろんな悩みを抱えているんだなぁ。
僕は病気になる前にはカレーパンやハンバーグ、揚げものが大好物で、それが急に食べられなくなったもんだから、友人には、「生活習慣病にでもなった?」って心配されたよ(笑)。
まぁ、そう思われても仕方ないくらい食べていたからな~と反省しつつ、病気のことを打ち明けるきっかけになったかな。食事の苦労は絶えないけど、せっかく食べるんだったら、おいしくたのしく食べたいよね。今日は、このカフェでゆったりとくつろがせてもらいます。

たかし (CD)

「おいしいものを食べたい」と思う気持ちは誰しもが持っている欲求です。
IBDといっても潰瘍性大腸炎とクローン病では食事の捉え方が異なります。
潰瘍性大腸炎では薬物療法が中心的な治療となり、症状が落ち着いている場合は特に食事制限を気にする必要はあまりありませんが、暴飲暴食は避けましょう。
一方、クローン病では薬物療法と同じくらい食事療法も重要となります。最近では生物学的製剤等の登場によりクローン病治療も飛躍を遂げていますが、薬物療法だけではコントロール不十分な患者さんもいます。このようなケースでは特に食事に配慮が必要です。

【一般的にIBD患者さんに気を付けてほしい食材】
●高脂質なもの
マヨネーズ、バター、チーズ、サラダ油、クリーム(乳製品)、ドレッシング(ノンオイル除く)など

●不溶性食物繊維を多く含むもの
きのこ類、根菜類、コーンなど
(多くの食材では、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれており、一般的には不溶性繊維の方が多い。ごぼうは100グラム当たり不溶性食物繊維2.3グラム、水溶性食物繊維3.4グラムが含まれている)

●刺激物
からし、わさび、タカノツメ、タバスコ、柚子こしょう、その他香辛料など

監修:北里大学医学部 消化器内科学 横山 薫 先生

※潰瘍性大腸炎、クローン病患者さんへの取材をもとに、プライバシー保護のため、一部内容を改変して制作しています。

クローン病サイトTOPへ
ページトップへ