知っトクカフェ 潰瘍性大腸炎(UC)

  • TOP
  • 日常生活で注意することは?
  • 潰瘍性大腸炎と妊娠・出産

潰瘍性大腸炎と妊娠・出産

  • 監修:東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター
    センター長 鈴木 康夫 先生

妊娠・出産は可能

基本的に、妊娠や出産に問題はありません。

病気の活動性が高くなるほど、受胎率が低くなると言われていますが、症状が落ち着いている寛解期であれば、それほど気にする必要はないと考えられています。最も大切なことは、発病初期から薬物治療を継続的に行うことにより、再燃しないように心がけて治療を行うことです。

ただし、妊娠前や妊娠中には薬剤の種類や服用する量を変更する場合があります。妊娠を希望される方は、事前に主治医に相談することが重要です。

ページトップへ