知っトクカフェ 潰瘍性大腸炎(UC)

  • TOP
  • レミケード®の安全性
  • レミケード®の安全性

レミケード®の安全性

  • 監修:銀座セントラルクリニック 院長/
    東邦大学医学部 客員教授 鈴木 康夫 先生

適切なレミケード®治療のために

どんな薬剤でも、副作用は起こりえます。過度に副作用を恐れる必要はありませんが、起こる可能性のある副作用をきちんと理解し、副作用が起きたときの症状を把握しておくことが必要です。

もし副作用が起こった場合には、できるだけ早く適切な処置を取ることで重症化を防ぐことができます。
「副作用かもしれない」と感じたら、どんな小さなことでも、すぐに主治医や薬剤師に連絡してください。

次の注意事項を必ず守ってください。

副作用に対する注意事項

  • レミケード®によって起こる可能性のある副作用についてきちんと理解しておいてください。
  • レミケード®治療中は、副作用の早期発見のためにも、主治医の指示に従い、定期的に診察や検査を受けてください。
  • 点滴中・終了直後、あるいはご自宅で、「いつもと違う」、「何かおかしい」、「副作用かもしれない」など、少しでも感じることがあれば、どんな小さなことでも、すみやかに主治医に連絡してください。

弊社製品をご使用、
もしくはご使用予定の患者さんへ

弊社製品による潰瘍性大腸炎の治療を受けられている患者さん、もしくはご使用予定の患者さんを対象に、
当該製品に応じた情報を提供しています。

該当する患者さんは、製品名をクリックし、サイト内へお進みください。

ページトップへ